今からお話するゴルフ上達法は
誰であっても効果の出る
業界ではまだ誰も口にしていない上達法です。

スイング理論の核心

私も、「スイング理論の核心」を理解するまで効果が上がらない辛い練習ばかり繰り返していました。

しかし、この理論に気付いてからは効果的な練習を集中して実践出来るようになり、目を見張る上達を果たしました。

ですから、あなたには私のように遠回りをしないように、大事なことを伝えたいのです。


「スイング理論の核心を理解すれば、効率良く上達する事が出来る!」

あなたが

・なかなかゴルフが上手くならない
・思ったような飛距離が出ない
・アイアンで思ったような弾道が出ない
・ダフリが多い
・シャンクが出る
・スライスが出る
・フックが出る

など、何らかの不満を感じているのであれば、
「スイング理論の核心」を理解する事でそれを解消することが可能です。

これは自信を持って言えます。

なぜなら、この理論によって私自身が効果的に上達出来たからということと、実際に数万人のゴルファーのスイングやゴルフを見てきたという経験、
更には実際に「スイング理論の核心」を元に指導して効果の上がらなかったゴルファーが1人もいなかったからです。

なかなかゴルフが上手くならないと言う方のお話を伺わせて頂くと、スイングの理論の核心を理解出来ておらず表面的な部分の理解に終わってしまっているのです。

しかし、これはそのゴルファーに問題があるのではなく、ゴルファーを取り巻く「環境」に問題があると思っています。

と言うのも、
スイング理論の情報発信の大元は、ゴルフ雑誌やレッスンプロによる指導、または友人からの指摘である事が大半です。

ハッキリ言います。
ゴルフ雑誌のレッスン記事を見ながら効果的に上達する事は難しいです。

確かに正しい事を書いてはいるのですが、表面的な説明に終始していて
スイングの根本的な部分に触れていないからです。

冷静に考えてみて下さい。

ゴルフ雑誌の目的は、あなたのゴルフを上達させる事ではなく、企業やゴルフショップに広告スペースを提供して利益を上げることです。

と言うことは、あなたが目を引くような記事や見出しを作り、雑誌を継続的に読み続けるようにし、広告を多くの人の目に触れさせる必要があります。

なので、毎回色んな切り口でネタを小出しにしながら注意を引き続けなければならないので、スイングの核心的な部分を1度公開してしまうとネタが無くなってしまいます。

ティーチングプロも同様です。

誤解のないように言っておきますが、素晴らしい指導をされるティーチングプロはたくさんいます。

私はそう言った方々は非常に尊敬しておりますが、
それ以上に、あまりスイング理論を理解出来ていないのに
レッスンをしているプロも大勢います。

「プロの言う事に間違いは無いはず!」

生徒になった方は信じて疑いませんが、理解できていないプロの指導ではスイングに対する部分的な指摘ばかりされ、頭は混乱し、形ばかりを気にしたロボットの様なスイングになり、出費がかさむ一方で上達する事などありません。

そう言った意味では当たり外れが有り、リスクの高い方法です。

そして、これは私が実際に工房クラフトマンを始めてから分かった事なのですが、クラフトマンと言うのは下手なティーチングプロよりも、余程卓越したスイング理論やクラブのメカニズムの理論を理解し、現場での経験値が高く机上の空論に捕らわれることが無い、実践的で結果の出せるゴルフ指導者になれる資質を持っている、という事です。

もちろん全てがそうとは言いませんが、クラフトマンと言うのは
ゴルファーのクラブの見立て(クラブ選び)をするわけで、
見立てをするにはクラブのメカニズムを理解している必要があるのは当然ながら、
ゴルファーのスイングを見抜く眼力も必要になってきます。

そして、レッスンプロなどは指導してなかなか結果が出なくても
レッスンプロと言う
「肩書き」
があるので生徒を言いくるめる事が出来ますが、
クラフトマンと言うのは
「クラブ合わない」
と言う
お客さんの一言で終わりです。

それで信頼を失い、お客さんが離れてしまいます。

ですので、その
「見立て」(クラブ選び)
を絶対外さぬよう、日頃から様々な失敗や成功を繰り返して経験を積み、
その理論を研ぎ澄ませながら精進しているのです。

そして、
多くのゴルフ理論では上達において最も大事なことを伝えていません。

ゴルフの上達において最も大事なこと…

それは、
「自分のスイングを正確に把握する」
事です。

自分自身のスイングを正確に把握していれば、

・なぜ自分は飛距離が出ないのか
・なぜ自分は安定感が無いのか
・なぜ自分は好不調の波が激しいのか
・なぜ自分はダフるのか
・なぜ自分はシャンクしてしまうのか
・なぜ自分はスライスしてしまうのか
・なぜ自分はフックしてしまうのか
・なぜ自分は球が低いのか
・なぜ自分は球が上がり過ぎてしまうのか
・なぜ…

と言った、
問題点の根本的な原因を把握する事が可能となり、
更には

・自分の場合は、どんな練習をしたら飛距離が伸びるのだろうか
・自分の場合は、どんな練習をしたら安定感が出るのか
・自分の場合は、どんな練習をしたらダフリがなくなるのか
・自分の場合は、どんな練習をしたらシャンクが防げるのか
・自分の場合は、どんな練習をしたらスライスが直るのか
・自分の場合は、どんな練習をしたらフックが直るのか
・自分の場合は、どんな練習をしたら球が上がるようになるのか
・自分の場合は、どんな練習をしたら球を抑えることが出来るのか
・自分の場合は…

と、
自分にとって最適な練習方法が実践出来るようになります。

これは今までのような

「飛ばす為にはこのような練習をすべき!」

と言った、
自分に効果のあった練習方法や理論を教える押し付けがましいものではなく、

「あなたの飛距離が出ないのはこれが原因だから」

「あなたが飛距離を伸ばす為にはこの練習をするべき」

「あなたが真っ直ぐ飛ばないのはこれが原因だから」

「あなたが真っ直ぐ飛ばす為にはこの練習をすべき」


といった、
個人の状態に合わせた練習方法を実践する事が出来るようになる、と言う事です。


それは、
「スイング理論の核心」を理解することで、
自分で自分のスイングを正確に把握し、
自分で自分にとって最も効果のある練習方法が実践出来るようになるのです。


「練習してもなかなか上達できない辛さは誰よりも私が知っている。
 私の様な遠回りをしない為にも、この「スイング理論の核心」を
 上手くなりたいと願う全てのゴルファーに伝える事は出来ないだろうか・・・」
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。